ヨガ入門web

話題のホットヨガを始めとしたヨガの基礎情報・レッスン情報

20160803162544

メディカルヨガ

医療の現場でヨガを取り入れ、病気の治療やリハビリに役立てようと言う流れができつつあります。これらのヨガをメディカルヨガといいます。

ヨガは無理のない運動なので、病気の人でも比較的簡単に取り込むことができ、また精神的な不安感から来るうつ病などの対策にも有効だと考えられています。

実際、アメリカでは、健康を維持する代替医療としてヨガを活用している人が大勢いるそうです。アメリカのヨガ人口は1500万人から2,000万人とも言われていますから、相当な人たちがヨガに注目し、また生活に取り入れているわけです。

これだけ多くのアメリカ人がヨガに注目をした理由は、アメリカの団塊の世代の人たちが、高血圧や、糖尿病といった成人病に悩む世代となり、多くの人が病気の予防、症状の緩和、精神的なケアの一環としてヨガを取り入れるようになっているのが背景にあるそうです。

また一般のヨガ教室にもそういった健康面の目的を持って通う人が増えているのだそうです。今では、ヨガの団体が医療機関と連携し、どのような病気にヨガのどのようなポーズ、呼吸法が有効なのかを研究したりしています。

 

 

 

コメントは受け付けていません。